#23スキーのターンに関わる外力について

スキーヤーの陸トレについて考えるページ、スキー専門フィジカルトレーニングサロンです。

前回の記事で「ターン切り替え時に関わる重力の話」をしました。その重力についてまとめます。

坂道でボールを転がすことを想像して頂ければ、分かりやすいです。重力は常に斜面に平行下向きに作用します。

ボールの例のように、先ずは人間と板を一つの系として考えてみましょう。

スキーヤーは常に重力により下方向に引かれていることが分かります。直下降ですね。(下図)

次に、斜面をターンする場合について考えてみましょう。

曲がるには、重力に対してターンに必要な分の雪面からの抵抗を受ける必要があります。

雪面からの抵抗を受けるための身体の動きが、角付けや回旋、荷重ですね。この点についてはこちらの記事↓↓を参照下さい。

ターン時には重力と雪面からの抵抗力が存在し、ターン運動では円中心方向への遠心力が加わります。下記の図を参照下さい。

この遠心力と雪面からの抵抗力、重力との力の関係が美しい連続ターンをする上での物理的なキーポイントとなります。

また、陸トレではこれらの力を加えたトレーニングがより実践に近い内容になってきます。私の経験上、スキー板と人間の重心を独立に働くことへ対応する、体幹部・股関節のコントロール大切となってくると思います。

ターン中に加わる外力も加味して工夫してトレーニンングをしてみましょう!!

スキーで必要なオフトレーニングについて今後も考えていきます。

当ブログを運営する、スキー専門フィジカルトレーニング のスタジオ情報はこちらです。

・High Peak カラダ整える Base

当ブログを運営する、スキー専門フィジカルトレーニングの詳細についてはコチラを参照ください!!!

トレーニング詳細

プロフィール

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close