#18 隙間時間にコンディショニング

スキーヤーのオフトレについて考えるページ、スキー専門フィジカルトレーニングサロンです。

本日は、ジュニア選手に特に行って欲しいコンディショニング方法について、紹介します。

80名ほどの中学1年〜大学2年生までのアルペンスキー選手に対して今年実施した身体アセスメント(評価、フィジカルチェック)を参考にしました。

70%以上もの選手が低スコアであった項目を抜粋し、改善に必要なコンディショニングトレーニングを4種目紹介します。

10分で出来ますので、日々の隙間時間に実施してみて下さい。

①カーフST

②ジャックナイフ(パスワード付き)

③コモドドラゴンST(パスワード付き)

④インナースクワット(short ver)

⑤番外編 Lile a Flog and Headstand 身体操作TR

ここまで自身の重心を自由に操れると良いですね!!

まとめ

いかがでしたか?

勿論、これが全てではありませんが、身体を自由に動かせるようになる為には必要なコンディショニングトレーニングです。

注意事項としては痛みが出ない範囲で行うようにして下さい!! 呼吸も意識して!

当ブログを運営する、スキー専門フィジカルトレーニングの詳細についてはコチラを参照ください!!!

トレーニング詳細

プロフィール

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中